ミーレ掃除機のフィルター交換方法! HAPEフィルターとエアクリーンフィルター【写真付き】

家電製品・キッチン用品

 ミーレの掃除機にはフィルターが3種類あります。

それぞれ購入した機種やオプションによってついてきたフィルターが違います。

一番お手頃な価格(¥30000〜¥40000台)のものだとスタンダードなスーパーエアクリーンフィルター。

赤いボディがかわいい cat&dog だとペットの臭い対策でアクティブエアクリーンフィルターが

装着済みだったはずです。

(*写真は以前、ブルーラグーンについてきた冊子のもの。

フィルターの種類がわかりやすいので掲載しました。

現在では性能がアップしていますが、種類と特徴は変わっていません。)

最上位機種は花粉や細かいハウスダストを逃さないHEPAフィルターがついていることが多いです。

販売する店舗によっても違ってきます。

集塵性能や付加価値の順で並べると

スーパーエアクリーンフィルター<アクティブエアクリーンフィルター<HEPAエアクリーンフィルター

性能に正比例してお値段が高くなるのでわかりやすいです。

購入するときに注意が必要ですね。

この3は自分の好みで替えることが可能です。

この交換とやり方について書きたいと思います。

この記事を読むとこんなことがわかります。

  • フィルター交換の方法
  • ダストバッグの交換方法
  • ダストバッグについてくるフィルターの使用方法
  • 季節による使い分け方法
スポンサーリンク

ミーレ掃除機 フィルター交換の方法は?

フィルター交換はいたって簡単です。

まず、標準装備のスーパーエアクリーンフィルターの交換。

①黒いホルダーのふたを開けます。

②汚れたエアクリーンフィルターを捨てます。

3ダストバッグについてくる新しいスーパーエアクリーンフィルターを切って入れます。

次にスーパーエアクリーンフィルターをHEPAエアクリーンフィルターへの交換する場合

①エアクリーンフィルターホルダー(写真右側の黒い物)を持ち上げて外します。

②HEPAエアクリーンフィルターを取り付けます。

このとき、カチッと音がするまで押すのがコツ。

③装着したら、掃除機のふたがしっかりと閉まるかどうかを確認します。

④ホースを元に戻して終了。

⑤汚れたエアクリーンフィルターを取り出して捨てます。

エアクリーンフィルタホルダーは次に使うときまで箱に入れて保管しておきましょう。

写真上が使用済みのHEPAエアクリーンフィルター。

下が開封したばかりのもの。

半年使うとこれくらい汚れます。

HEPAエアクリーンフィルター側面にある交換時期お知らせシール。

上の使用済みの方は赤くなっていますね。

古いものは自治体の指示に従って捨ててください。

次にアクティブエアクリーンフィルター と HEPAフィルターの交換

こちらは上よりもさらに簡単。

①ホースを取り外して集塵室カバーのフタを開けます。

②古いアクティブエアクリーンフィルター(黒)を取り外します。

③HEPAフィルターを取り付けます。

④集塵室のフタを閉め、ホースを元に戻して完了。

それぞれ、フィルターフレームごと付け替えるだけです。

エアクリーンフィルターと違ってホルダーを取っておく、という手間がありません。

ミーレ掃除機 ダストバッグの交換方法

参考までにダストバッグの交換方法も載せておきます。

ダストバッグの交換時期は交換サインのカラースケールが赤くなったら。

わが家は吸引力が下がる前にさっさと交換(半年に1度)しているので真っ赤になったことはありません。

交換の時期は使用頻度やごみの量で変わります。

ホコリが気になる方は早めに交換しましょう!

①掃除機のグリップロックボタンを押して、集塵室カバーを持ち上げます。

カチッという音がするまで開きます。

②赤い持ち手部分を引っ張って収納部から取り出します。

③ダストバッグのフタが自動で閉まります。

④ダストバッグを収納部の奥にセット。このとき、ダストバッグは折りたたんだ状態でOK。

赤い矢印があるのでわかりやすいですね。

かちっと手ごたえがあるまで差し込みます。

⑤装着した状態。このあとボックス内にダストバッグを出来るだけ広げます。

⑥ダストバッグを挟まないように注意しながら集塵室のふたを閉めます。

ホースを元にもどして完了です。

交換用ダストバッグの箱についてくるフィルター2枚とは?

これは交換用ダストバッグの箱です。

ダストバッグ4枚とフィルターがついてきます。

矢印の部分に「2Filter」と書いてありますね。

上記のエアクリーンフィルターとモーター保護フィルターです。

どちらも機種に合わせて切って使用します。

ハサミで切る前にしっかり大きさを確認しておきましょう。

間違って切ってしまうと取り返しがつきません。

別売り品を購入することになるので要注意!!

上位機種を購入されて、アクティブエアクリーンフィルターかHEPAフィルターのみを使用されている場合はエアクリーンフィルターは無用の長物。

モーター保護フィルターしか使いません。

上位機種をお持ちの方がランニングコストを抑えるためにエアクリーンフィルターを使う場合はホ

ルダーを別に購入する必要が出てきます。

(楽天市場で購入可能です。)

下の写真はモーター保護フィルターを交換したときのもの。

ダストバッグをきちんと装着できていればさほど汚れません。

1年に一度の交換でも汚れていたことがないですね。

フィルターは季節によって賢く使い分けが吉!

アクティブエアクリーンフィルターが¥3000、HEPAエアクリーンフィルターは¥5000近くします。

必要に応じて使い分けるのが家計にやさしい方法です。

花粉やカビが気になる季節だけ、においが気になる季節だけ高価なフィルターを使用する。

残りの季節はエアクリーンフィルターを使うというのが無駄のないやり方ですね。

フィルターの種類によって掃除機の性能が変えられるのはミーレの美点。

賢く活用していきましょう。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

参考にしていただけるとうれしいです。

ミーレ掃除機本体の記事はこちらです。

ハウスダストを徹底除去。おすすめの掃除機ミーレ

タイトルとURLをコピーしました