波せんべい 米菓王国 新潟でもっともシンプルな煎餅をご紹介!

新潟関連

米菓大国 新潟には様々なおせんべいやおかきがあります。

ここでちょっとトリビア。

おせんべいとおかきの違いはおわかりでしょうか?

うるち米 (私たちが日常食べているお米)で作られているのがおせんべい、

もち米で作られているのがおかき(小さなものはあられ)です。

新潟で作られているおせんべいの中で、もっともシンプルなものをご紹介します。

その名も 波せんべい

新潟県新潟市秋葉区の吉澤製菓が作っています。

原材料が国内産うるち米・砂糖・食塩のみ。

砂糖は種子島産さとうきび100%のものを使用という徹底ぶり。

この素材へのこだわり方、素晴らしいですね。

 表面に波のような凹凸があります。

「無選別」と書かれていますね。

これは傷のない製品と割れ・欠けがあるものが一緒に入っています、と

いう意味。

通常はメーカーが良品だけを選んで袋詰めします。

選別の手間を省いている分、安いんですね。

贈答品には向きませんが、ご家庭での消費にはおすすめ♪

新潟ではスーパーマーケットやドラッグストアの米菓コーナーでよく見かける表記です。

ちなみに割れ・欠けのある製品ばかりを集めたものは米菓業界で「久助」(きゅうすけ)と呼ばれています。

久助葛(きゅうすけくず)の「くず」に引っ掛けた言葉だという説があります。

下の写真は裏表示。

食感はさくさくして香ばしいです。

お米の味がしっかりしますね。

最初に購入したのは新潟の観光名所だったと思います。

もず
もず

移住して初めて行った北方文化博物館。

春は藤の花の名所です。

物珍しさで買って、その日のうちに家族と食べきってしまいました。

その後、探したところスーパーマーケットで見つけました。

手のひらサイズのおせんべいが10枚入って¥328。

価格もお手頃です。

味は岩塚製菓のお子様せんべいやもち吉のかるかきに似ています。

波せんべいは一枚がとても大きいです。

下の写真は左側が私の手。

大人の手と同じくらいの大きさがあるんですよ。

比較すると岩塚製菓のお子様せんべいより、焼き目がついている分 香ばしくてあたたかいお味。

もち吉のかるかきより甘さひかえめです。

どこかやさしく懐かしい味覚。

大きな平袋入り。

チャックはついていません。

湿気はおせんべいの大敵なので、しっかり閉められるクリップが必要。

もず
もず

おせんべいやおかきの保存には

ウェーロック社のクリップイットがおすすめ。

大きくてかさばるためなかなか購入できませんが、本当においしいです。

食べ始めると止まらないですね。(笑)

こういう、よいものを作り続けているメーカーさんを応援したいですね。

皆様も、見かけたらよろしくお願いいたします。

新潟市中央区で最も入手しやすい場所はピアレマート新和店

浪花屋の柿の種、新野屋の網代焼 スタンダード、豆天など新潟銘菓を気軽に購入できるスーパーマーケットです。

ピアBandaiの中にあるナチュレ片山にも置いてあります。

ナチュレ片山は新潟の名産品がたくさん販売されています。

市民はもちろん、観光客にもおすすめのお店ですね。

ちなみに通信販売は楽天市場でのみ取り扱いがあるようです。

…いくらなんでも12袋は多いですよね。

もっと、いろいろなものを詰め合わせてくださると買いやすいのですが。

本当においしいので、全国の方に味わっていただきたいなあ…。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

参考にしていただけるとうれしいです。

よろしかったら、こちらもどうぞ。

新潟で愛されている昔ながらの銘菓について書いています。

【大橋食品】豆天

中花・中皮・中華 まんじゅうのこと

網代焼

タイトルとURLをコピーしました