和泉屋(新発田市)の豆ようかんはどこか懐かしい味【新潟グルメ】

新潟関連

 新潟には和菓子屋が多いです。

特に新発田市は街の規模からすると和菓子屋の数が多い印象。

それもそのはず。

新発田藩4代目藩主が自ら茶道の普及に努めたというのですから歴史があります。

茶道と言えば甘いお菓子はつきもの。

上質な和菓子の製造が発展して当然というお土地柄なんですね。

そしてまた、他県ではちょっと見かけないお菓子がたくさんあるんです。

今回は新発田のお菓子の中から豆ようかんをご紹介したいと思います。

もず
もず

菊谷など老舗が廃業する中、和泉屋さんは頑張っています!

スポンサーリンク

新発田市 和泉屋の豆ようかんは白花豆入りの水ようかん

 新発田市中央町にある老舗和菓子店 和泉屋(いずみや)。

ごま饅頭で有名なお店です。

こちらのお店の豆ようかん。

正面入り口からお店に入ると向かって右側の冷蔵庫内にあります。

プラスティックのへぎの中。

1本1本きれいにラッピングされています。

自分で取って会計してもらうスタイル。

一人で一回に食べるにはやや大きいですね。

2人で食べるとちょうど良い量。

ちょっとかための水ようかんに煮豆が入っていると思ってください。

やさしい甘さ。

白花豆がアクセントになって楽しいです。

消費期限は2日間。

要冷蔵です。

 新発田市の和泉屋さんでは白花豆が入った豆ようかん。

一方、新潟市のさわ山ではそら豆ようかんが販売されています。

さわ山のそら豆ようかんはお店の包装紙にも名前が載っている看板商品。

塩味が利いたそら豆。

ちょっと青くさい香りがする不思議なようかんです。

個性はそれぞれ違います。

が、わざわざ小豆で出来たようかんに全く違う種類の豆を入れる新潟。

おもしろいですね。

新潟は豆の生産が盛ん。

新潟県産の青大豆など乾物コーナーに鎮座しています。

また、白花豆・金時豆など地元で作っていない豆も大好きですね。

新潟市では赤飯と並んで醤油おこわというものがあります。

和菓子店(というか餅屋さん)には必ずと言っていいほど置いてある人気商品。

文字通りおしょうゆ味のおこわに金時豆が入っているんです。

赤飯より人気が高いくらい。

豆餅、豆ようかん、豆の入ったおこわ。

新潟人は本当に豆が大好きですね。

豆ようかんは日持ちしないのでお土産物にはなりません。

新潟を訪れた際にはぜひ、食べていただきたいお菓子です。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

参考にしていただけるとうれしいです。

新潟県新発田市中央町2丁目1-17

和泉屋

TEL 0354-22-3289

*人気店のため、商品はあっという間になくなってしまいます。

お目当ての商品は電話予約をおすすめします。

同じ新発田市 和泉屋のくるみがんじきはこちらの記事

【新潟グルメ】新発田の有名和菓子屋 和泉屋のくるみがんじきがうまい!

404 NOT FOUND | もずとかべちょろの読書ブログ
電子書籍で快適な読書生活

新潟名物 笹団子の名店を紹介しています。

元販売員が教える笹団子の美味しいお店

新潟の端午の節句 三角ちまきについて書いています。

新潟 三角ちまき

タイトルとURLをコピーしました