三角ちまきの食べ方と保存方法【新潟の味】

新潟関連

 5月5日は端午の節句。

古くは端午の節(たんごのせち)。

中国の故事に由来する行事です。

江戸時代以降は男子の節句と言われていますね。

鯉のぼりを立てて、五月人形や鎧兜などを飾ります。

出世を祈り、厄除けをする風習。

地域によっては菖蒲湯(しょうぶゆ;菖蒲の葉や根を沸かしたお風呂に入れる)を行うところもあるとか。

5月5日は全国的にちまきや柏餅を食べる習慣がありますよね。

新潟ではこの時期、笹団子や三角ちまきを食べるんですよ。

きれいな正三角形のちまきで笹でくるんであります。

今回はこちらの三角ちまきをご紹介したいと思います。

ちなみに「ちまき」という言葉は古くは茅(ちがや)の葉でくるまれていたことから来ています。

「ち」がやで「ま」くから「ちまき」。

分かりやすいですね。

もず
もず

ちまきのルーツは古く、10世紀にはあったようです。

ちょろ
ちょろ

当時のちまきは鹿児島の「あくまき」に似ています。

スポンサーリンク

新潟の三角ちまきは他県とは違う!?

 「ちまき」は茅や笹の葉でもち米・うるち米・くず粉で作られた餅を包む食べ物。

ちまきというと多くの人は円錐形を思い浮かべるかもしれません。

ですが、新潟は正三角形。

笹にくるまれた三角のちまきはインパクトがあります。

ちまきは地域性があって、九州の一部ではおこわが入っているものがあります。

わたし(ちょろ)は中華ちまきを思い浮かべますね。

それ以外は食べたことがなかったくらいです。

ちょろ
ちょろ

九州人にとってちまきというと中華ちまきを思い出します。

もず
もず

中州に名店がありましたね。

京都のちまきは甘い「あん」が入っているのだとか。

このように西日本では味のついたものが多いんですね。

ですが、新潟は伝統的なちまき。

原材料;もち米

以上。

いたってシンプルなので素材重視。

新潟では笹団子・ちまきは最も愛されているもち米「こがねもち」で作ります。

新潟人はうるち米はコシヒカリ、もち米はこがねもち。

米ところ新潟にはもち米の味を堪能する餅菓子が多いです。

みんな大好きやわらか豆餅とか笹団子とか。

新潟の豆餅は青大豆が入ったやわらかい餅菓子。

豆餅

笹にくるまれたよもぎと小豆あんが絶妙。

新潟名物 笹団子

これらの餅菓子もこがねもちで作られたものが上級品です。

三角ちまきは一般的にはきな粉をまぶして食べます。

このきな粉。

他地域では黄大豆を使ったものがスタンダード。

ですが、新潟では青大豆を使ったきな粉を使う人がいますね。

うぐいす餅に使われるもの。

青大豆は新潟や山形の特産物なのでこうなったのかもしれません。

新潟市内の和菓子屋さん店頭でよく売られています。

きな粉以外ですと

お好みに応じて砂糖しょうゆやすりごま、ふりかけでもOKと言われていますが、

砂糖を適量入れたきな粉以外をつけて食べている人は知りません。

もず
もず

シンプルなものは昔ながらの食べ方が一番だよね。

わが家では移住してからずっと古町の老舗 市川屋で購入しています。

ふるさとの味 市川屋の三角ちまき お味は?

2021年は市川屋が5月5日にお店を休むというので前日に購入しました。

10個で¥1750

新潟のちまきとしては平均的なお値段です。

市川屋はきな粉がついてきません。

購入できますが、わが家は好みのきな粉で食べたいのでスルー。

ちょろ
ちょろ

お店によってはきな粉はサービスでつきます。

もず
もず

それぞれ、お店によって考え方の違いや好みがありますね。

この三角ちまき、角を崩さないように笹をむいてきな粉にまぶします。

買ってきたその日は笹が楽にとれるのですが、2日目からはおそるおそるです。

わが家は私が九州人なので普通のきな粉。

青大豆きな粉はややキメが細かくておいしいのですが、独特なくせがあります。

こんな感じ。

お餅より歯ごたえがあって、ぷちぷちもちもちしておいしいです。

笹団子と同様、かたくなると蒸し直します。

お水から入れて10分間で元通りになりますよ。

蒸し直したちまきはやや笹の香りが強く、笹の葉にもち米がくっつきやすくなります。

その点だけ注意していれば問題ないです。

新潟 三角ちまきの保存方法

 新潟ではちまきはたいてい5個単位で販売されています。

なかなか食べきれないですよね。

そんな時にはすぐに冷凍保存がおすすめです。

笹がついたまま冷凍用保存袋に入れておけば大丈夫。

1カ月は味が変わりませんよ。

食べるときには蒸し直しが一番、おいしくできます。

今は一年中、好きなものを食べることができますが、季節のお菓子は格別です。

5月の味を満喫しましょう♪

笹団子と違ってちまきはあまり店頭販売しません。

予約が〇です。

ちまきは笹団子とは違い、よもぎや砂糖など日持ちのする素材が入っていません。

とても素朴でデリケートな餅菓子。

もず
もず

デリケートなため、5月上旬を除くと予約販売のみのお店が多いです。

ちょろ
ちょろ

ちまきは傷みやすいので、地方配送のときには注意が必要!

田中屋本店(みなと工房)では一年中、毎日販売されているようです。

数に限りがあるので、出来たら予約してほしいとのこと。

ですよね、フードロスを考えると予約してもらうのが一番。

以前、ちょろが勤めていたお店はちまきは完全予約制でした。

予約するほどではないという方はスーパーマーケットをおすすめ。

端午の節句前後であれば当日でも購入できます。

2021年5月は原信で(有)岡本屋のちまきを販売していました。

5個セット550円。

相変わらず良心的な岡本屋。

あっぱれです。

ウオロクは森林農園のちまき。

5個セット¥645。

砂糖の入ったきな粉つきでした。

ちょろ
ちょろ

新潟のスーパー原信やウオロクの餅菓子売り場はかなり充実しています。

*端午の節句以外でも、お盆近くになると帰省する人たちのためにスーパーマーケットでちまきを販売することがあるようです。

ぜひ、お近くのスーパーに問い合わせてみてください。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

参考にしていただけるとうれしいです。

ふるさとの味 市川屋

新潟市中央区東堀通5番町429

TEL 025-223-1954

営業時間 8:00~17:30

よろしかったらこちらもどうぞ。

麺好き新潟にはさまざまなお蕎麦屋さんがあります。

新潟市のおいしいおそば屋さんとおすすめのメニュー

かわいい魚の形をした米菓。網代焼をご紹介しています。

新潟発 日本の機械づくり米菓の元祖 網代焼

ご来訪、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました